坂って美味しいの(・・?

ロードバイク関連の日々を記していきます

魂の走りを見たTOJいなべステージ!

5/22は待ちに待ったTOJいなべステージ(^o^)

天気が良いので

f:id:adiksan:20180523141711j:image

今回は自走で観戦に向かいました

(昨年・一昨年はたて輪からトランポ、現地はバイク移動)

余裕をもって5時に138タワー付近からスタート

f:id:adiksan:20180523141733j:image

同行して下さったのはIKEさん、JimmyBさん、初めましてのSさん、そしてたて輪スタッフSさんです

木曽川CRと木曽川堤防道路を南下し、東海大橋を渡って二之瀬峠を越える最短?ルートで走りました

f:id:adiksan:20180523141801j:image

この日の二之瀬峠は同じ目的の人が沢山みえましたが、山神・森本選手もビューンと二之瀬を越えて会場に向かっていました

(会場にはゴキソのブースがあります)

二之瀬峠を下って道なりに進むと、選手の出走サイン&待機場所である、阿下喜温泉の駐車場に着きます

f:id:adiksan:20180523141827j:image

f:id:adiksan:20180523142942j:image

今年はメリダパートナーショップであるたて輪の恩恵を最大限に受けて

f:id:adiksan:20180523141900j:image

こんな水戸黄門の印籠のようなゲストパスを授かりました(^o^)

相変わらず選手やバイクが間近で見られる素晴らしい場所です♪

f:id:adiksan:20180523141938j:image

f:id:adiksan:20180523142039j:image

f:id:adiksan:20180523142009j:image

(出場チームのバイク中、1番高価なDE ROSAのプロトス)

2004年のジロ・デ・イタリア覇者、ダミアーノ・クネゴ選手は和製悪魔オジサンとツーショット(^_^;)

f:id:adiksan:20180523155102j:image

バスがやってきて

f:id:adiksan:20180523142136j:image

新城幸也選手ら、バーレーンメリダの選手たちが登場♪

f:id:adiksan:20180523155242j:image

新城選手は着いてすぐ、ファンとの撮影やサインを始めていました

その後ゲストパスでチームピットに入れてもらいます

バーレーンメリダの絶対的エース、ヴィンチェンツォ・ニバリ選手の山岳アシストを長年している、非常に明るいヴァレリオ・アニョーリ選手が、彼の方から撮影を持ちかけてくれました(^^)

f:id:adiksan:20180523142413j:image

全体で写真を撮ってもらった後には、新城選手とツーショット\(^o^)/

f:id:adiksan:20180523142441j:image

今年もファンとの交流は時間いっぱいされていましたが、どちらかといえばリラックスしていた怪我明けの一昨年と違い、ピリピリとした感じが伝わってきました…

f:id:adiksan:20180523151450j:image

いただいたサインは

f:id:adiksan:20180523142632j:image

左が新城幸也選手、右が前日の京都ステージで勝った宇都宮ブリッツェンの雨澤毅明選手です

新城選手からは一昨年にも背中にいただいています(^_^;)

f:id:adiksan:20180523150938j:image

ちなみに全体で撮った写真は、シクロワイアードのレース記事内で思いっきり使われていました(^o^)

https://www.cyclowired.jp/news/node/264946

9:20にすぐ近くの三岐鉄道阿下喜駅からスタート♪

f:id:adiksan:20180523142856j:image

f:id:adiksan:20180523145928j:image

f:id:adiksan:20180523145948j:image

スタートを見届けた後は、自走でメイン会場の梅林公園に向かいます

しかし…スタートして間もなく、新城選手落車の一報!!

移動途中で選手が来ました

f:id:adiksan:20180523143102j:image

この時、メイン集団後方で顔面血だらけの新城選手を発見しました((((;゚Д゚))))

この時は全く状況を把握していませんでしたが、後で聞いたら直線路で落車に巻き込まれたとのこと!心配です…

レースコースから今年は楽にメイン会場に入れました

f:id:adiksan:20180523150313j:image

f:id:adiksan:20180523150142j:image

(歩いている途中で見られました)

メイン会場に着いて

f:id:adiksan:20180523143155j:image

まずは山岳ポイント、通称「イナベルグ」に向かいます

(海外レースに出てくる◯◯ベルグベルグはドイツ語で山の意味で、栗村修さんがいなべステージの激坂をこう命名しました)

逃げはチーム右京の小石祐馬選手と愛三のダミアン・モニエ選手

f:id:adiksan:20180523143234j:image

(小石選手は、このレース後山岳賞ジャージを獲得しました)

メイン集団は怪我をしている新城選手が引いています!

https://youtu.be/cX-NGCGHNr8

選手通過後、さらに上の山岳賞ポイント(KOM)に向かう途中では、自身でロードレースに関するサイトをやられていて

http://cycleroadrace.net/

最近ではサイクリストでライターもされている

https://cyclist.sanspo.com/400827

「あきさねゆう」さんにお会いすることができました(^^)

サイトでコメントを通して交流がありましたが、お会いするのはもちろん初めて!

緻密なレース分析と考察が素晴らしい方です

以前からこのいなべステージの良さをお伝えして、今回観戦に来ていただけました

次は自分が関東(ジャパンカップやさいたまクリテリウム)に行かなきゃ(笑)

次の周回の山岳でも

f:id:adiksan:20180523143612j:image

新城選手の鬼引きが続いています(*_*)

レース中にはバイクだったりチームカーも沢山走っていきますが、ノリが良い人たちが結構います

特にこのMAVICバイクの人は

f:id:adiksan:20180523143633j:image

毎回手を振り返してくれます(^^)

他には海外チーム(どこか分からない…)のチームカードライバーは、通過の度にクラクションを鳴らして笑顔で手を挙げながら駆け抜けていました(^_^;)

観戦場所をメイン会場内に移す途中、ゴール地点からの下りでも新城選手がメイン集団先頭!

f:id:adiksan:20180523143742j:image

f:id:adiksan:20180523143804j:image

メイン会場で募金をするといただける美味しい豚汁を食べ

f:id:adiksan:20180523143825j:image

ゴール前上りストレート(残り150m付近)に陣取りました

f:id:adiksan:20180523144112j:image

ここでもまだ新城選手の魂の鬼引きが続いています!!

f:id:adiksan:20180523144024j:image

この日の展開からバーレーンメリダのエースはグレガ・ボレ…もしかしたらレース前は新城選手自身が狙っていたのかもしれませんが、完全にアシストモードにシフトして鬼気迫る走りです!!

そしていよいよゴール!

 https://youtu.be/SEOWvd1FwGg

f:id:adiksan:20180523144153j:image

ゴール前150m付近で見る限り、完全にマルコ・カノラ選手のいなべステージ2連覇と思っていました…しかし残り100mを過ぎてからの平坦で、グレガ・ボレ選手が見事に差して優勝\(^o^)/

上りスプリントが得意なカノラは昨年同様、斜路からのロングスプリントでした

 https://youtu.be/aeGCs3ui4mA

(昨年のゴール前)

しかし平坦に強いスプリンター系パンチャーのボレは、しっかりとカノラをマークして得意な平坦で仕留めました!

その約3分後に新城選手ら、バーレーンメリダの選手がゴールへ

f:id:adiksan:20180523154057j:image

よく見ると新城選手(右から2番目)はカメラ目線!

アシストへの気持ちの切り替え、それを体現できる強靭な精神力と身体…怪我を負いながらのこの日の激走は、本当に感動しました(T_T)

興奮冷めやらぬまま表彰式へ

f:id:adiksan:20180523144303j:image

個人総合時間賞(グリーンジャージ)をキープし、ポイント賞(ブルージャージ)も獲得したボレですが、インタビューでは「この勝利は新城選手らチームメイトのおかげ。新城選手は怪我を負ってからもチームのためにとても良く働いてくれた。この勝利は新城選手に捧げる。」

と、新城選手の強烈な魂の鬼引きに応える結果を出し、アシストの献身的な働きにチームメイトが応えて結果を出すという、ロードレースの様式美を目の当たりにしました!

そしてこの日の新城選手の熱い走りは、キャリアの中でも印象に残るものとなるはずなので、実際に間近で見られてロードレースファン冥利に尽きる1日でした

終了後はイナベルグを実際に上って帰ります

f:id:adiksan:20180523144348j:image

というか、嫌でもここを通らないと最短距離で帰られません(笑)

イナベルグは900m・平均斜度は9%で最大斜度17%の区間です

写真の場所はまだ序の口、この先はさらに斜度が上がるコンクリート舗装区間となります(*_*)

二之瀬峠のようにアウター縛りなんてアホなことはできません(^_^;)

選手はここを8回も通ります!

f:id:adiksan:20180523144459j:image

イナベルグを越えて下りを経て、裏二之瀬峠を上って岐阜県側に行きます

f:id:adiksan:20180523144714j:image

f:id:adiksan:20180523145044j:image

(実は裏二之瀬経由で戻るのは初めてでした)

堤防道路などを走って濃尾大橋で、JimmyBさん、たて輪スタッフSさんとお別れしました

そして尾西でSさんとお別れして、自分とIKEさんはたて輪へ

f:id:adiksan:20180523145101j:image

ゲストパスのお礼とレース報告、雨予報ですが行く気マンマンだった翌日の美濃ステージの打ち合わせをしました

しかし…5/23は夕方前に予定が入ってしまい、泣く泣く観戦DNSとなりました(T_T)

そしてレース後の診断で左目上下の裂傷、上唇の裂傷、左肩肩峰骨折(微細なヒビ)が判明した新城選手も、チームドクターからのストップがかかって美濃ステージDNSとなりました(*_*)

バイシクルクラブの新城選手のコラムを読むと、今年のTOJはかなり重要なレースと位置づけていたようなので、さぞ無念だったことでしょう…

f:id:adiksan:20180523145127j:image

さらに落車の原因は、アタック合戦の時に他選手の無茶な動きでハンドルが当たったことだそうで、苦言も呈していました

https://www.cyclowired.jp/news/node/265062

その雨の中の美濃ステージは、例年通り集団スプリントとなって、イスラエルサイクリングアカデミーのミッヘル・ライム選手が優勝、マルコ・カノラ選手が6位、グレガ・ボレ選手が7位という結果でした

 

いなべステージは3年連続の観戦となりましたが、観客の動線などが年々改善されています

今年はサイクルラックも増え、行く度に快適に観戦できると感じました(^^)

メイン会場は広くて観戦しやすく、そのメイン会場から山岳ポイントまで徒歩で行けるので、選手の速さと激坂を上る凄さを同時に堪能できます

宇都宮のジャパンカップ並に良いコースだと思いますが、ジャパンカップと比べて遥かに観客数が少ないのがまた良いところです(笑)

 本当にお勧めのレースイベントなので、近郊の方はぜひ来年以降行ってみて下さい♪

 

走行距離…113.4km

f:id:adiksan:20180523145201j:image

f:id:adiksan:20180523145215j:image

コースプロフィール風動画です

https://www.relive.cc/view/1588221995

魔法の絨毯でビューン!(^o^)

5/20は気持ちの良い高原へのライドでした(^o^)

朝は若干冷えますが昼間はライド日和♪

f:id:adiksan:20180521131027j:image

数日前の5/16〜5/18は湿度が高くて蒸し蒸し!

特に5/18は日差しがなかったのに30℃超えの真夏日となり、湿度に弱い自分は早くも夏バテ症状が出ていました(*_*)

そんな状況なので長いライド距離の欲求は皆無、高強度ライドなんてもってのほか(笑)

ちょうどクロワッサンさんのご主人から魅力的なお誘いがあったので、同行させていただきました(^^)

最近お馴染み、R22沿いのローソンに集合して、岐阜県関市までトランポで向かい、長良川鉄道の関駅に到着しました

f:id:adiksan:20180521131206j:image

長良川鉄道では決められた出発時間に5台まで、サイクルトレインとして利用できます

f:id:adiksan:20180521131246j:image

これを利用してサイクルトレインの終点、美濃白鳥駅までひとっ飛びします(^o^)

f:id:adiksan:20180521131624j:image

f:id:adiksan:20180521131650j:image

もちろん輪行袋を使って輪行すれば好きな時間に乗ることができますが、バイクをそのまま載せられる背徳感がたまりません(笑)

f:id:adiksan:20180521131710j:image

トンネルを通ったり

f:id:adiksan:20180521131802j:image

子宝温泉駅を過ぎて

f:id:adiksan:20180521131831j:image

長良川沿いを走って

f:id:adiksan:20180521204034j:image

山が近づいてきて

f:id:adiksan:20180521204245j:image

約1時間半乗車して美濃白鳥駅に到着しました

f:id:adiksan:20180521132025j:image

ここからはR156を北上します

白鳥から白川郷までは60kmなので、長良川鉄道を使えば比較的楽に行けそうです

f:id:adiksan:20180521132115j:image

今度自走で行く予定の阿弥陀ヶ滝近くを過ぎ

f:id:adiksan:20180521132147j:image

スキー場からのロケット発射のような飛行機雲を見たり

f:id:adiksan:20180521134518j:image

ゆるやかに上りながら

f:id:adiksan:20180521134421j:image

長良川最上流の滝、夫婦滝や

f:id:adiksan:20180521132233j:image

ここで庄川を経て富山湾まで行く日本海側と、長良川を経て伊勢湾まで行く太平洋側へと別れる分水嶺を見て

f:id:adiksan:20180521132328j:image

f:id:adiksan:20180521203853j:image

Paku・Pakuというパン屋さんで補給♪

f:id:adiksan:20180521132357j:image

マロンデニッシュをいただきました

f:id:adiksan:20180521132414j:image

このすぐ近くにはひるがの高原スキー場

f:id:adiksan:20180521132433j:image

色々見て結構な場所まで来ましたが、ここまで走った距離は20kmほどです(^_^;)

ひるがの高原付近の中華料理店「美食空間 翠花」でランチにします

f:id:adiksan:20180521132555j:image

たのんだのは

f:id:adiksan:20180521132616j:image

鮭マヨネーズ炒飯

鮭・マヨネーズ・炒飯…この組み合わせは美味しいに決まっています(笑)

実際、もう一皿食べたくなる旨さでした♪

ランチ後は県道321号線、通称「やまびこロード」で帰路に就きます

f:id:adiksan:20180521132639j:image

が、すぐに魅力的な看板を見つけて寄り道(^^)

f:id:adiksan:20180521132655j:image

ここは「ひるがのラシェーズ」という草原カフェで、外ではアヒルがのどかに過ごし

f:id:adiksan:20180521132740j:image

イスやハンモックがある素敵な空間です

f:id:adiksan:20180521132812j:image

ランチしたばかりなので食べたのはソフトクリー厶でしたが、ここではピザやパスタ、マフィンやチーズケーキなどが食べられますよ〜♪

f:id:adiksan:20180521132833j:image

クロワッサンさん、外に歩いていったと思ったら…

f:id:adiksan:20180521132900j:image

ハンモックで横になり、ダメな人になっていました(笑)

やまびこロードからはこんな絶景も\(^o^)/

f:id:adiksan:20180521132931j:image

この後は下りだけではなく、たまに上り返しもあって決して楽ではありません(-_-;)

f:id:adiksan:20180521133305j:image

しかし、この阿多岐ダムを過ぎてからは完全に下り基調♪

f:id:adiksan:20180521133113j:image

10%くらいの斜度が続くので、健脚の方はやまびこロードを上りながら北上すると楽しいと思います(笑)

順調に白尾ふれあいパークと

f:id:adiksan:20180521133435j:image

古今伝授の里やまとの2つの道の駅に寄りながら戻ります

f:id:adiksan:20180521133458j:image

f:id:adiksan:20180521133513j:image

(鶏ちゃんの試食)

やまびこロードが終わってR156に合流しますが、なるべくR156を避けて走り

f:id:adiksan:20180521133616j:image

美濃市の道の駅、にわか茶屋へ

f:id:adiksan:20180521133642j:image

去年のTOJの写真がありました

f:id:adiksan:20180521133800j:image

(今年は天気もつかな〜)

こうして帰路だけで80km以上走り、長良川鉄道の関駅まで戻りました♪

f:id:adiksan:20180521134958j:image

ひるがの高原まで完全自走で行くと往復軽く200km超えますが、サイクルトレインという非日常的な楽しみも交えて、1日中バカンス(旅行)気分でライドを楽しむことができました\(^o^)/

いつもお世話になっているクロワッサンさんご夫妻、この日も本当にありがとうございましたm(_ _)m

距離や強度の一辺倒ではない、マッタリと中身を充実させたライドも魅力的です(^^)

 

さあ次はいよいよTOJ

いなべステージは天気良し♪

美濃ステージは天気怪し(*_*)

今年は新城幸也選手、マルコ・カノラ選手だけでなく、6月に引退する2004年ジロ・デ・イタリア総合優勝者、ダミアーノ・クネゴ選手まで見られます\(^o^)/

5/21の京都ステージでは、今の日本人若手選手で1番世界に近い宇都宮ブリッツェンの雨澤毅明選手が、バーレーンメリダのグレガ・ボレ"先生"(山本元喜選手のブログでお馴染み、強豪パンチャー)やマルコ・カノラ選手を破って優勝!

自転車を大いに楽しんだ5月を締めくくるに相応しいイベントとなることを願っています

 

走行距離…113.5km

f:id:adiksan:20180521133816j:image

f:id:adiksan:20180521133828j:image

ワープしたような感じになったコースプロフィール風動画です(^_^;)

https://www.relive.cc/view/1583513406

朝活&午後活(^^)

まずは5/13

自走フルビワイチの翌日にクロワッサンさんのご主人とラインをしていると「明日5時にローソンで!雨が降る8時まで朝練です」とお誘いが…

実はフルビワイチの翌日は仕事だったので、日曜日は早くには起きられないかも〜と半ばお断りの心境でした(^_^;)

しかしその先の天気は週末にかけて怪しい…

f:id:adiksan:20180516130711j:image

走るならこの日の雨が降る前しかない!と思って

頑張って5時集合しました(^^)

f:id:adiksan:20180516130735j:image

2人で木曽川CRを犬山方面まで走り

f:id:adiksan:20180516130748j:image

犬山緑地まで行って雨雲レーダーを確認すると、弱い雨雲が接近中なので木曽川CRを戻ります

フルビワイチから中1日ですが、なんだか身体のキレはあるので、途中から35km/hくらいに上げて気持ち良く大野極楽寺公園まで走りました

そしてローソンまで戻り解散

f:id:adiksan:20180516130823j:image

雨がポツポツしてきましたが、さほど濡れることなく帰宅できました

朝練にお誘いいただいてありがとうございましたm(_ _)m

約2時間の「朝活」でしたが、身体だけでなく頭もスッキリして良いですね(^o^)

帰宅後はフルビワイチ分のブログ作成がはかどり、その日は1日シャキッと過ごせました(笑)

 

走行距離…37.8km

 

次は5/15

この日は急遽午後から休みとなったのですが、帰宅したのは14時…真夏日に近い気温だけど、せっかくの快晴なので軽く近場を走ろう♪と、木曽川CRから犬山のライン大橋まで行きました

f:id:adiksan:20180516130851j:image

この日は5/13以上に身体がキレッキレ!

さほど強度を上げずに木曽川CRを36〜7km/hで走れました

長距離を走っていると自ずと効率的なペダリングが身についてしまうようで、ほどよく脱力しながら楽に走れています

それなら…と、近くにあるストラバの区間を頑張って走ることにしました

その区間は距離500m・平均斜度は5.3%の上り区間ですが、序盤は緩斜面で後半が10%を超える坂となります

緩斜面を35km/h以上で走ってマージンを稼ぎ、斜度が上がったところはなんとか持ち堪えるプランで走りました

タイムは…1分9秒で4位

KOMは1分3秒なので6秒も差があります(*_*)

ろくにトレーニングもしていない自分が速さを求めるのは100年早〜い(^_^;)

緩斜面区間では36km/h出ていましたが、ここの目標を40km/hにして、区間の終わりが上りのピークではなくて、下りに入りかけたところまでというのを失念していたので、最後(下り)まで気を緩めなければあと2〜3秒なら短縮できるかもしれません

ちなみにKOMを出しているのはお2人で、お2人とも「ikaruga四天王」の一員(笑)

とても6秒差を縮められる自信はないので、自分から見たらやはりお2人ともバケモノです(^_^;)

それだけではなく、トップ10のメンバーは半数以上がikarugaさん関係の人という、身内のみが知る区間のようです(^^)

皆さん速い人ばかりなので、サクッと自分のタイムを抜いちゃって下さい♪

クライマーではないので、その先の坂へは行かずに戻り

いつものたて輪へ(^_^;)

f:id:adiksan:20180516130909j:image

この日は最近よくお会いするカーボンドライジャパンの方がみえていました

(5/27にCDJによる無料超音波診断があります)

店長、スタッフSさんと、機材関連のことや次週のTOJの行動予定、たて輪取り扱いのSCOTTとMERIDAが好調なジロ・デ・イタリアのこと、果ては90年代J-POPのことなど、色んな話をしてマッタリと過ごして帰宅

話の流れで店長からZARDのライブDVDをお借りしました(^^)

f:id:adiksan:20180516130942j:image

アラフォー、アラフィフ世代の人なら懐かしいと思います!

こうしてこの日の「午後活」終了

最近は長めのライドが続いていたので、こういうお気楽なショートライドも新鮮でした

 

走行距離…41.9km

 

5/18の金曜日は雨予報、その次5/25はTOJ休みの関係で出勤となり、Friday 200km Challengeは一旦終了

たて輪の恩恵を受けてTOJは楽しみます(^o^)

 

自走deフルビワイチ&ヨゴイチ(^o^)

5/11は表題どおりのコースで、自己最長距離のロングライドでした(^o^)

本来なら今月下旬の5/18か5/25に実施する予定でしたが、5/11の天候がかなり良い感じ

f:id:adiksan:20180513113745j:image

さらに日の出・日の入り時刻は下旬とはそれぞれ10分ほどしか変わらない…それならライドに最適な天候や気温の時にやっちゃえ!と前倒ししました(^_^;)

最低気温はこの時期としてはかなり低いので、ウインドブレーカーを着用して3:40に出発しました

ひたすら西に向かって、大垣からR21でさらに西に進みます

夜明け前が実際以上に幻想的な感じで撮れました!

f:id:adiksan:20180513113906j:image

そして朝日♪

f:id:adiksan:20180513114026j:image

米原ICを過ぎてR21を外れ、R8を横断するルートを走ると、過去2度の自走ビワイチ(フル&セミ1回ずつ)同様、この「世継」という交差点がスタート&ゴール地点となります

f:id:adiksan:20180513132011j:image

(6:10)

4/13に来た時とは打って変わって湖面は穏やか♪

f:id:adiksan:20180513114109j:image

まだ6時過ぎなので交通量が少なくて走りやすいですが…寒い!!

ちなみに米原市に入ったところの気温計は6℃((((;゚Д゚))))

指切りグローブでは寒すぎて、少しの間携行していた作業用ゴム手袋を着けちゃいました

順調に木之本まで来て賤ヶ岳を越える前に、サクッとヨゴイチ(余呉湖1周)をします(笑)

f:id:adiksan:20180513114201j:image

戻って賤ヶ岳旧道を上り

f:id:adiksan:20180513114235j:image

先月来たばかりですが、やはりここの景色は落ち着きますし、今までで見た中で一番爽やかでした(^o^)

f:id:adiksan:20180513114256j:image

(8:00)

ビワイチ推奨ルートをトレースして、去年は崖削れの影響で通行止めだった大浦〜海津大崎区間に入ります

f:id:adiksan:20180513114319j:image

f:id:adiksan:20180513114337j:image

海津大崎の手前は工事中でした

f:id:adiksan:20180513114409j:image

グルッと回ってマキノサニービーチの近くまで来ました

f:id:adiksan:20180513114436j:image

この先はR161を走ることとなりますが…平日は大型車がすぐ脇を走って本当に怖いし嫌いなルート(-_-;)

見どころは白髭神社くらいしかないし、同じ道を走っても飽きるのでなるべく避けて違うルートを…と

f:id:adiksan:20180513114503j:image

R303➝R367、通称「鯖街道」で琵琶湖大橋に向かいました

(そのままR303を進んでも鯖街道で、福井県小浜市に行けます)

ビワイチ中とは思えない風景の中を進み

f:id:adiksan:20180513114531j:image

R367への分岐を経て

f:id:adiksan:20180513114607j:image

3桁国道らしい姿のR367に入りました(^_^;)

f:id:adiksan:20180513114642j:image

人気が無い中をダラダラ上って下ると、やがて賑わってきて鯖街道・朽木宿に入ります

f:id:adiksan:20180513114715j:image

道の駅「くつき新本陣」に到着しました

f:id:adiksan:20180513114932j:image

(10:30)

看板が流行りに乗っかってますね〜(笑)

f:id:adiksan:20180513114809j:image

この建物の2階では1000円で地の野菜や塩鯖などのバイキングが食べられます…しかし開店は11時、しかも食べたとしたら最低30分は滞在するのでかなり時間をロスします

すぐ近くの蕎麦屋は準備中…

f:id:adiksan:20180513114850j:image

(食べログで見たら日・祝のみ営業のようです)

道の駅の反対側にローソンがあったので、ここでお昼分の補給をしました

f:id:adiksan:20180513114912j:image

(先には別の蕎麦屋やカフェがありました)

この先の道は約20kmで約300m上ります

f:id:adiksan:20180513115057j:image

平均斜度だと1.5%ほどですが、実際は4〜5%で上って少し下りの繰り返しと、2歩進んで1歩下がる的な嫌らしさ(-_-;)(伝わるかな?)

鯖街道だけあって、鯖寿司のお店も何軒かありました

f:id:adiksan:20180513114954j:image

 そして最後にトンネル&7〜8%の上りで締めて下りへ

なかなかの景色です(^^)

f:id:adiksan:20180513115032j:image

道なりに下るとまたトンネルが出てきて、さらに上り??

おかしいやろ!!(実際に口に出しました 笑)

地図を確認すると…

f:id:adiksan:20180513115128j:image

左折して矢印方向で琵琶湖大橋に向かうはずが、1kmほどルートを間違えて進んでいました(-_-;)

京都府に入る寸前で、このまま走っていたら大原三千院まで行っちゃいます(*_*)

「途中」という名のトンネルを戻り

f:id:adiksan:20180513115236j:image

正規ルートに復帰して琵琶湖大橋まで来ました

f:id:adiksan:20180513115252j:image

下りは上りの半分以下の距離だったので、逆(南側)から上るとなかなかキツそう

鯖街道(R367)は、力を持て余して普通のビワイチルートに飽きた人にはおすすめです

自分は…また封印箇所かも(^_^;)

この先はビワイチで嫌いな区間パート2です(笑)

走りにくい大津市街を抜けて琵琶湖の南端を過ぎ

f:id:adiksan:20180513115318j:image

去年のビワイチは火曜日だったので、ようやく来れた石山寺近くの「茶丈藤村」\(^o^)/

f:id:adiksan:20180513115708j:image

(このお店、火曜定休なんです)

ここの女将さんはサイクリストで、噂どおり自作のバイクが店外にありました

黒蜜きなこアイスをあんこ抜きでオーダーすると、自転車で来た人向けのサービスで、寺辺もちというカシューナッツ入り黒糖求肥餅を出していただきましたm(_ _)m

f:id:adiksan:20180513115401j:image

f:id:adiksan:20180513115415j:image

食べた後に少しお話して、お会計後は塩分チャージタブレットをいただき、お店のFacebook用写真と自分のスマホで写真を撮ってもらいます

f:id:adiksan:20180513115432j:image

https://m.facebook.com/sajoTOWSON/photos/a.1641138089255946.1073742051.318667241503044/1641138365922585/?type=3&source=54

お店での滞在中は、今回のライドで唯一と言って良いくらいの癒やされた一時でした(^o^)

また絶対に来たいです!

この後はビワイチの正式な起点とされている瀬田唐橋で記念撮影

f:id:adiksan:20180513115507j:image

(ここでトータル199.9km・14:40)

気温は22〜23℃なのに、日差しが強くて暑さを感じます…朝との差が激しい(^_^;)

あとはひたすら戻るだけ!

琵琶湖大橋が見えて

f:id:adiksan:20180513115555j:image

ここを過ぎると、彦根に入るまではビワイチで嫌いな区間パート3となります(笑)

それにしても…走っても走っても単調で飽きてきます(-_-;)

眠いわけでも集中力が欠けているわけでもなく、ただ単に「退屈!」

たまらず途中で強制休憩

f:id:adiksan:20180513115621j:image

あと、自分のサイコン(POLAR M450)はカタログスペック15時間、実際はそれ以下のバッテリーの保ちなので、今回のライドでは時々充電しなければいけません

このサイコン、獲得標高がGARMINより2割くらい少なく出たり、50km/h以上出すと高確率でサイコン上は399km/hで記録されたりとなかなかの問題児…

取り柄は表示のシンプルさ(視認性の良さ)しかありません(^_^;)

新製品が出ていないPOLARは見限って、評判が良いBrytonかWahooに替えようかな〜

素直にGARMINにすれば問題ないんでしょうけどね(笑)

休憩後も淡々と走って、17:50にスタート地点の「世継」まで戻ってきました!

f:id:adiksan:20180513115734j:image

 変則フルビワイチの約210kmをほぼ12時間かけて走り、グロス(休憩や停車を含んだ平均)速度は17.5km/h…本来はこのルートだとグロス20km/hを目指していたので、想定よりも1時間半遅れでした

(通常のフルビワイチだとグロス22km/hくらいかな)

琵琶湖には夕日が沈みかけています

f:id:adiksan:20180513115835j:image

これからの時間帯は特に危険なので、とにかく集中集中!!

コンビニでカフェインを摂って覚醒させます

そういえば、茶丈藤村から固形物はゼリー飲料しか摂っていない(^_^;)

脂肪燃焼が中心の負荷なので、ソロライドで強度低めだと距離のわりに補給が少なめかも

この日の内訳は…パン×2、おにぎり×1、フィッシュバーガー×1、ゼリー飲料×2、あとは茶丈藤村で食べたもので、出発前にはドーナツ×2でトータル2500kcalくらい?

(飲料はポカリ500ml×4、レッドブル×1、その他お茶、水)

グループライドだと距離短めでもしっかり空腹になるので、口数(会話の量)が消費カロリーを左右しているのでしょうか?(笑)

この日まともに会話したのは茶丈藤村の時だけだし

細心の注意を払って、ここから2時間半ほどで無事に帰宅しました

トータル約17時間で、300kmブルベの制限時間(20時間)はクリア(^_^;)

この日は予想していた以上に時間がかかり、避けていた夜間走行をすることとなりました…念のためしっかりライトなどを準備していたとはいえ、やはり2度とやりたくないです(*_*)

なのでこの日以上の距離はもう走ることはないと思います(^^)

 

今回この日にこのコースを走った理由の1つとして、前回のブログに記したように古希を迎えた方が300kmブルベに挑戦された影響もあります

自分よりも若い人ならともかく、親世代に近い方のチャレンジに感銘を受けました!

まだまだ自分よりも長い距離を走られる方はみえますし、速さは言わずもがな…おまけに坂嫌いで未だに坂を避け気味(-_-;)

こんな中途半端で発展途上の自分ですが、これからも少〜しずつ向上しながら、先々まで自転車を楽しんでいきたいと思います

Friday 200km(Over) Challengeは連続5回で終了かな〜(^^)

 次の楽しみは…新城幸也選手や日本で無双のマルコ・カノラ選手が来るTOJ\(^o^)/

5/22(いなべ)5/23(美濃)に観戦予定です♪

 

走行距離…323.1km(自己最長)

f:id:adiksan:20180513115903j:image

f:id:adiksan:20180513115915j:image

コースプロフィール風動画…は今回生成されませんでした(T_T)

300km以上のライドは弾かれるのかな(^_^;)

GW最後はたて輪サイクリング

5/6は恒例(毎月第1・3日曜日)のたて輪サイクリング♪

 途中でお花見ライドを2回挟んだり雨天中止もあったので、3/18以来のレギュラー?開催

今回は久々に店長が犬山まで参加です(^^)

天候は夕方から雨ですが昼間は夏日になりそう

f:id:adiksan:20180508134950j:image

大野極楽寺公園から

f:id:adiksan:20180508134125j:image

木曽川CRへ

f:id:adiksan:20180508134150j:image

この日は10歳のお子さんが親子で参加してみえましたが、26〜7km/hくらいなら楽についてきます…聞くと琵琶湖大橋を渡るセミビワイチ(150km)を完走しているとのこと!((((;゚Д゚))))

末恐ろしいです(^o^)

さらに古希を迎えた参加者の方(毎年乗鞍ヒルクライムに出ていて、二之瀬峠は30分切り!)は、先月の300kmブルベで260kmまで走って惜しくもDNSだったとのこと…同じ歳になった時に、果たして自分が同じことをできるか自信はありません!(*_*)

年齢差が60歳と幅があるメンバーで、いつもの喫茶まみずに到着しました

f:id:adiksan:20180508134213j:image

f:id:adiksan:20180508134230j:image

犬山城下町は各テレビ紹介の影響か、ますます賑わっていました

犬山城前で記念撮影し

f:id:adiksan:20180508134248j:image

ここで解散後は、クロワッサンさんのご主人とIKEさんご夫妻、先日も一緒に走ったIさんと入鹿池に向かいました

短めのアップダウンを繰り返して

f:id:adiksan:20180508134304j:image

新緑が綺麗な入鹿池に到着♪

f:id:adiksan:20180508134321j:image

普段なら通り過ぎる、ISLANDという洋食店に入りました

f:id:adiksan:20180508134358j:image

f:id:adiksan:20180508134412j:image

 たのんだのは

f:id:adiksan:20180508134435j:image

5名ともランチの魚フライとささみピカタで、なんだかアスリート食です(^_^;)

ここには入鹿池のダムカレーもあるので、機会があればまた来たいです

(近くの事務所でダムカードも貰えます)

ランチ後はプチトラブルの後にコンビニでアイスを食べ

f:id:adiksan:20180508134455j:image

途中で一瞬斜度が15%くらいになる、ひばりヶ丘公園への坂を上りました

f:id:adiksan:20180508134544j:image

(てっきりストラバの区間があると思って頑張りましたが、ありませんでした 笑)

 木曽川CRに戻り、途中の3kmくらいを35〜40km/hでひいてみると、クロワッサンさんのご主人は余裕でついてみえます(^^)

200kmライドも余裕でいけそうな走力をお持ちなので、いつかご一緒しましょう♪

こうして木曽川CRで解散…予報どおり16時前から怪しい空だったので、たて輪には寄らずに帰宅しました(^_^;)

この日のコースはクロワッサンさんのご主人、IKEさん、Iさんはもちろん余裕で走破

IKEさんの奥様も走る度にレベルが上がっていきます(^^)

自分が始めてから1〜2年目の時だと、恐らく必死になるコースだったと思います(^_^;)

(ボッチ歴が長かったので停滞期も長かった…)

たて輪サイクリングでは色々な人たちと走って話して交流できて、本当にいつも楽しいです(^^)

このお店に出会えて良かったな〜とつくづく思いました♪

 

【雑記1】

この日のライドの前日にタイヤ交換をしました

交換前のリアタイヤ

f:id:adiksan:20180508134620j:image

トレッド面が扁平し、ひび割れも生じています

フロントは

f:id:adiksan:20180508134635j:image

トレッド面の扁平はありませんが、ひび割れと共にサイドには傷が多め

屋外での走行距離は6500km以上、無事に10ヶ月の間使命を全うしてくれましたm(_ _)m

新しいタイヤはContinentalのULTRA  SPORT 2で、はっきりいってグレードダウンです(笑)

f:id:adiksan:20180508134700j:image

このタイヤは前車F4130で2セット使っていたことがあり、パンクはありませんでした

1セット余っていたので今回はこれを使用しますが、直前まで使っていたGRAND PRIX 4000 S IIと合わせて2年以上パンク知らずで、Continentalのタイヤは信頼しています(^^)

パンクは運の要素が少なくないですが、今までやってきたライド後のタイヤ確認(清掃)と、ライド毎に少しエアを抜いて入れ直すのは効果があったと思います

あとは、道路に落ちている事故後のヘッドライトやテールランプの破片は要注意ですね!

最後のパンクはテールランプの破片を踏んだ事が原因でした…

さて…タイヤ(チューブ)交換も随分と久しぶりです(^_^;)

F4130で使用していたWH-RS61というホイールはチューブレス対応リム(レディではなく完全対応)だったせいか、クリンチャータイヤも嵌めづらかったのですが、今使用しているR23 SPLINEは素手でも容易にタイヤを嵌めることができました 

(一応チューブレスレディホイールです)

GRAND PRIX 4000 S IIの重量はカタログ値で225g(25C)、対してULTRA SPORT 2は260g(25C)

中一日で木曽川CRに向かう同じ道を走ったので、これくらいの差でも発進時に違い(重さ)を感じられました

こういう時、パワーメーターがあると変化が一目瞭然なんですけどね〜(^_^;)

まあ乗り心地は悪化していませんし、重さも慣れれば大丈夫でしょう(笑)

GRAND PRIX 4000 S IIの定価は7,000円で最安値は5,000円を割るくらい、ULTRA SPORT 2の定価は3,200円で最安値は2本セットで3,980円と、使えるタイヤとしてコストパフォーマンスは抜群です

(いずれも海外通販ではもっと安いです)

 

【雑記2】

最近の200kmライドでもスマホのバッテリー残量がヤバくなるので、小さめ(軽め)のモバイルバッテリーを探していたら…

ダイソーに500円でありました(^^)

f:id:adiksan:20180508134728j:image

容量は3000mAhで給電速度はちょっと遅めですが、1日のライドなら必要十分でしょう

またこの製品は出荷状態で75%充電されているので、出先での緊急時にダイソーで購入してもすぐに使えます

発火・爆発しなきゃいいけど(^_^;)

 

今週の金曜日、最高のライド日和だな〜…

 

走行距離…80.2km

f:id:adiksan:20180508134756j:image

f:id:adiksan:20180508134818j:image

コースプロフィール風動画です

https://www.relive.cc/view/1552575640

Friday 200km Challenge(4)

5/4はたて輪スタッフのSさん、たて輪のお客さんIさんと共に3人でライド(^o^)

朝の気温は低く日中も4月くらいの気温で、それ以上に「メイストーム」による天候の急変が心配です…

f:id:adiksan:20180505153009j:image

木曽川堤の扶桑緑地に集合し

f:id:adiksan:20180505153045j:image

犬山方面に向かいましたが

f:id:adiksan:20180505153100j:image

早速雨に降られました(*_*)

f:id:adiksan:20180505153120j:image

リトルワールド周辺を抜けるまで雨の影響はありました

可児市を経て県道358号線を北上

f:id:adiksan:20180505153146j:image

初めて走る道ですが、上る気配がアリアリの道です(^_^;)

はやり斜度は上がり、こうなると自分よりも体重が20kg位軽いIさんの独壇場!

f:id:adiksan:20180505153212j:image

軽快に上っていきます♪

ストラバで見ると3.1km・5.7%の坂でした

県道358号線をクリアするとまた程なくして坂…

f:id:adiksan:20180505153245j:image

ここは五宝滝付近の「北山」と呼ばれている坂で、shojiさんと1/4に来て以来、ちょうど4ヶ月ぶりに上ります

ここでもIさんはスルスル〜っと上ります

f:id:adiksan:20180505153308j:image

斜度が10%を超えても楽そうです(^^)

こちらは上代田棚田を見たり途中の分岐で迷わないようにSさんを待ちながら、3.8km・8.1%(ストラバより)の坂をクリアしました

f:id:adiksan:20180505153446j:image

この先の県道402号線を目指して杉林の中を下ります

f:id:adiksan:20180505153505j:image

ウェット区間や荒れた路面もあって、なかなかスリリングでした(*_*)

県道402号線からR41に合流し、木曽川の飛水峡の辺りで脇道にそれます

飛水峡には2年ぶりに来ましたが、岩場好きの自分にとってはたまらない景色です♪

f:id:adiksan:20180505153533j:image

このいくつかある穴は「甌穴(ポットホール)」で、遙か昔に川底の窪みで礫が水流によって回転することで窪みが拡大し、その後川底が下がって地表に出てきたものです

f:id:adiksan:20180505153603j:image

(穴の中にその礫が残っているものもあります)

高山本線沿いの脇道を進み、橋を渡りました

f:id:adiksan:20180505153631j:image

いつも見る木曽川も、ここまで来ると荒々しくてより自然味に溢れています

再度R41に出て、中華そばなどが評判のドライブイン美濃路というお店を目指しましたが、あいにくこの日は休業日!

さらに先へ進んで白川町の繁華街?で、昭和の香りがする喫茶店  石南花(しゃくなげ)に入ります

f:id:adiksan:20180505153654j:image

f:id:adiksan:20180505153716j:image

女将さん(おばあさん)が1人でやっているお店で、食事メニューもあったので

f:id:adiksan:20180505153750j:image

自分は牛丼をたのみました

味噌汁は本来100円ですがサービスしてもらえました(^^)

食後には女将さん手作りの林檎シャーベット&冷えた白川茶も出していただき、心温まるアットホームな喫茶店でホッと一息つけました♪

f:id:adiksan:20180505153815j:image

さあ一息ついた後はラスボスです!

県道62号線から案内看板に従って山に入っていきます

f:id:adiksan:20180505153904j:image

上りは沢沿いから始まって早速Iさんは先行

f:id:adiksan:20180505153845j:image

やがて茶畑や水田がある集落を過ぎます

f:id:adiksan:20180505153933j:image

途中では目的地への案内看板と共に、残り距離も1kmごとに教えてくれる親切さ(笑)

f:id:adiksan:20180505153952j:image

f:id:adiksan:20180505154008j:image

だいぶ上ってきて二之瀬峠の標高は超えました

f:id:adiksan:20180505154102j:image

残り3kmになると木々の中を走ります

f:id:adiksan:20180505154132j:image

路面状態は悪くありませんが、ガードレールがないので油断禁物です

f:id:adiksan:20180505154204j:image

最後は残り500mの看板もあり

f:id:adiksan:20180505154245j:image

ようやくゴール\(^o^)/

f:id:adiksan:20180505154315j:image

途中で車には1台も遭遇しなかっただけでなく、広大な駐車場に車が1台もない貸し切り状態(笑)

やがてSさんも上ってきて、この日の3台のバイクを並べて記念撮影♪

f:id:adiksan:20180505154545j:image

ここは大山白山神社というところで、創建は718年…ちょうど1300年前です!!

大きな鳥居の先には200段以上の石段(*_*)

持参したスニーカーに履き替えてここを上って本殿に向かいますが、ヒルクライムよりもキツイかも(^_^;)

f:id:adiksan:20180505154629j:image

現在の本殿は江戸時代の寛政年間以降の再建だそうです

f:id:adiksan:20180505154653j:image

本殿からさらに上ると展望台が新設されているようです

f:id:adiksan:20180505154723j:image

(左側の石段は延享元年(1744年)に築かれた古いものです)

この神社があるのは標高862mの場所なので、展望台からの眺望は最高(^o^)

f:id:adiksan:20180505154752j:image

遠くにはまだ冠雪している御嶽山も見えます

f:id:adiksan:20180505154809j:image

ちなみにここ、星空鑑賞スポットとして知られているようです

展望台の近くには、推定樹齢1200年の国の天然記念物に指定された大杉もありました

f:id:adiksan:20180505154845j:image

f:id:adiksan:20180505154914j:image

こうして滞在中も他の人の参拝はなくて終始貸し切り状態…普段から人が来ないせいか、手水舎やトイレの水が出ません(-_-;)

この神社までは約7.5km上って600m程上昇したので平均斜度は8%ほど

難易度的には二之瀬峠と池田山の中間くらいのしっかりした坂なのに、この日の時点ではストラバで区間が設定されていない穴場の坂です

近郊の坂好きの皆さん、ぜひチャレンジしてみて下さい(^o^)

自分は…貸し切り状態で十分堪能できたので思い残すことはなく、この坂は封印します(笑)

大山白山神社を後にして、帰路はもうどこにも上りません(^^)

R41を側道を併用しながら進み、高山本線の上麻生駅でSLを見たり

f:id:adiksan:20180505154959j:image

途中の道の駅「ロックガーデンひちそう」 に寄り

f:id:adiksan:20180505155027j:image

R41沿いの川辺町にある「養老軒」で補給をします

f:id:adiksan:20180505155046j:image

http://www.yoroken.com

ここは「フルーツ大福」で有名なお店で、この日は20人くらいの人が待っていました!

あいにくアンコが苦手なので、同じく有名な生どら焼き(アンコなし)をたのもうと思いましたが…冷凍品なのですぐには食べられず!

すぐに食べられるのはクリーム大福とプリンだけだったので

「ほうじ茶プリン」をたのみました(^^)

f:id:adiksan:20180505155121j:image

後がけのほうじ茶ソースが付いており、プリン自体にもほうじ茶の風味がしっかりあって、甘さ控えめの美味しい大人のプリンです(^^)

可児市御嵩クレーンでは、クレーンに吊るされた鯉のぼりが泳いでいました♪

f:id:adiksan:20180505155152j:image

犬山市を抜けて木曽川CRを走り、大野極楽寺公園で解散となりました

SさんもIさんも距離&獲得標高は最高記録だったそうです(^o^)

ルート作成&案内をして下さったSさん、翌日に雨沢峠と三国山を走る予定なのに参加して下さったIさん、本当にお疲れさま&ありがとうございましたm(_ _)m

1人ではなかなか行かない(行けない)ルートだったので、とても楽しい1日になりました(^^)

ここまで走ってきて170km、そのまま帰宅すると180km…キリが悪いので自分はさらに木曽川CRと堤防を走って

f:id:adiksan:20180505155221j:image

4週連続の200kmオーバーライドとなりました(^_^;)

こうなったら好天が続く限り、平日(主に金曜日)はずっと200kmオーバーライドを継続して、今月予定の自走フルビワイチ(330km予定)まで繋げていきたいと思います(笑)

 

走行距離…202.9km

f:id:adiksan:20180505155236j:image

f:id:adiksan:20180505155249j:image

コースプロフィール風動画です

https://www.relive.cc/view/1548772276

神秘と試練の板取ライド

4/30…4月最後の日はクロワッサンさんご夫妻と共にライド(^^)

この日も曇りがちな予報…しかし気温も風もライドには最適な感じです

f:id:adiksan:20180502130151j:image

R22沿いのローソンに集合し

f:id:adiksan:20180502115046j:image

木曽川CRを走り

f:id:adiksan:20180502115231j:image

(前日にロングライドをしてみえた、ひみよしさんのサプライズお見送りがありました!)

犬山のライン大橋へ

f:id:adiksan:20180502115253j:image

今年14回目の定点撮影ですが、朝7時に来たのは初めて!

朝日を浴びて逆光となる景色も良いものです(^^)

ここから迫間方面の坂を越えていきます

f:id:adiksan:20180502115319j:image

そしてご主人の先導で走りやすい道を進んで、関➝美濃方面へ

f:id:adiksan:20180502115356j:image

美濃の道の駅「にわか茶屋」と美濃橋を通過し

f:id:adiksan:20180502115420j:image

板取川沿いを走ります

f:id:adiksan:20180502115517j:image

午前中は日差しがあって、川の水がより奇麗に見えました♪

この自由の女神像を右折すると、坂好きの方々が大好物の片知渓谷に行けますが、我々はもちろんスルーです(笑)

f:id:adiksan:20180502115548j:image

川沿いから寺尾ヶ原千本桜に向かう道を走り

f:id:adiksan:20180502115627j:image

f:id:adiksan:20180502115608j:image

最初の目的地「ルクールせきや」というカフェに到着♪

f:id:adiksan:20180502115646j:image

お店の外観や周りの景色、そしてテーブルなどの内装やモーニングセットを含めた全てが「映え」ていて、高原の避暑地に来た気分でした(^o^)

f:id:adiksan:20180502115738j:image

f:id:adiksan:20180502115720j:image

f:id:adiksan:20180502115758j:image

 モーニングの後はR256を北上して、板取方面へのライドとなります

f:id:adiksan:20180502115851j:image

新緑混じりの山肌には藤の花も咲いていました

f:id:adiksan:20180502115815j:image

 時々止まりながら緩く上るR256を進み、21世紀の森公園という場所に寄りました

f:id:adiksan:20180502115912j:image

ここは入り口からずっと斜度10%前後の道が続くので、坂好きの人はたまらないと思います(笑)

f:id:adiksan:20180502115928j:image

やがて林道っぽい雰囲気の区間となり、なんだか杉の木の形に変化が…

f:id:adiksan:20180502115948j:image

これは「株杉」というもので、幹を切って収獲しては萌芽更新をさせていた結果できたものだそうです

f:id:adiksan:20180502120014j:image

f:id:adiksan:20180502120032j:image

木の下の方は太くうねり、上の方は細く真っ直ぐに伸びて全く様相が違っており、ジブリのような空想的な世界観があり、神秘さと植物の力強さを感じました!

f:id:adiksan:20180502130221j:image

f:id:adiksan:20180502130237j:image

f:id:adiksan:20180502145700j:image

 さあ折り返し地点まであと少し

f:id:adiksan:20180502145735j:image

板取温泉に着きました(^^)

f:id:adiksan:20180502130309j:image

f:id:adiksan:20180502130340j:image

ここまで約80km走ってきて、帰路をショートカットしてもトータル150km級のライド…そう、この日はクロワッサンさん初の150kmチャレンジ(試練)ライドなのです!

食堂でお昼をいただいて休憩します

f:id:adiksan:20180502130356j:image

この後はしばらく下り基調♪

午後から予報どおり曇り空となりましたが、日差しによる疲労は無くなるのでライドしやすい天候です

 途中にあった小さな洋菓子&ケーキのお店で、マドレーヌを奢っていただきました\(^o^)/

f:id:adiksan:20180502130412j:image

相変わらず盛況な「モネの池」はスルーして、立派な岩場がある板取川沿いで3台そろって記念撮影♪

f:id:adiksan:20180502130430j:image

そういえばこの日はGW中にも関わらず、車も自転車も思ったほど多くはありませんでした

ロードの人はほとんどが単独走行、多くても4台の走行で、どうやら皆さん中休みのようです(笑)

寺尾ヶ原千本桜に抜けると、桜やもみじの新緑が綺麗でした

f:id:adiksan:20180502130449j:image

f:id:adiksan:20180502130512j:image

武芸川沿いを走り

f:id:adiksan:20180502130531j:image

道の駅「むげ川」で最後の休憩

f:id:adiksan:20180502130619j:image

f:id:adiksan:20180502130650j:image

残りはあと30kmなので、2時間くらいでゴールですよ〜(^^)/

関市➝岐阜市、そして各務原市の総合運動公園からCRを走り、川島PAの観覧車が見えるとゴールまであともう少し!

f:id:adiksan:20180502130712j:image

無事にスタート地点のローソンまで戻り、クロワッサンさんは初の150km超えライド達成ですヽ(=´▽`=)ノ

序盤は初挑戦の距離に対する緊張感?で調子が悪そうでしたが、自分が最高距離200kmだった時に260km(自走セミビワイチ)を走った日、その未踏の距離に呑まれて序盤は不調で帰りたくなったのを思い出しました(*_*)

ご主人の見事なコースプランもあり、とても貴重な日に立ち会うことができて楽しい1日でした(^o^)

またいつでもロングライドのお供いたします(^^)

ローソンからは真っ直ぐ帰らず、ライドの締めに外せなくなったたて輪へ(^_^;)

f:id:adiksan:20180502130255j:image

たて輪には珍しい自転車?がありました…

f:id:adiksan:20180502130755j:image

これはカーボンドライジャパンで取り扱いしている「パワードバイクS1」というものです

(その隣はMIYATA製のクルーズという電動アシストバイク)

https://carbondryjapan.com/cycle/detail/36

ナンバーが付いていることから分かるように、これは「ペダルありの原動機付自転車」扱いで、まさに「原チャリ」(笑)

リアのインホイールモーターによるアシストは45km/hまであります!

その乗り味はかなり独特…最初のペダル2〜3漕ぎはただの重〜い(24kg)の自転車ですが、その後はペダリングしている限りかなりの力で押し出される感覚!

たて輪にはMIYATA製の電動アシストスポーツバイク(クルーズ&リッジランナー)もありますが、通常の電アシはスタートダッシュで最大のアシストを得られて加速が得意、その後速度が上がると徐々にアシストが無くなるので、走行感は随分違います

パワードバイクS1は、ペダルを止めた停車後や右左折後の加速時はふらつきそうで怖さもあります

そしてこれは原付一種扱いなので、制限速度は30km/h以下…前車のバックミラーに映った姿は電アシMTBとしか見えないので、普通の原付のように車道を走るのは少々勇気が必要(^_^;)

興味がある方は1ヶ月ほど試乗車として置いてあるそうなので、試してみてはいかがでしょうか(^^)

(ヘルメット着用&免許証携帯で)

 

 

走行距離…159.0km

f:id:adiksan:20180502130811j:image

f:id:adiksan:20180502130828j:image

今月の走行距離…1171km(月間最高記録)

今年の累計走行距離…3371km

 コースプロフィール風動画です

https://www.relive.cc/view/1540495968